株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

HOME»  業界NEWS 2020»  外国人労働者166万人

増加率ベトナム人26.7%

 
 厚生労働省は、令和元年10月末までの外国人雇用についての届け出状況をまとめ公表した。
 それによると、外国人労働者数は1,658,804人で前年同期と比べ13.6%増加した。これは、平成19年に届け出が義務化されて以来過去最高値。
 外国人労働者を雇用する事業所の数は242,608カ所で前年同期比12.1%で、こちらも過去最高を更新した。
 在留資格別でみると、労働者数が多い順で「身分に基づく在留資格」(全体の32.1%)、「技能実習」(同23.1%)、「専門的・技術的分野の在留資格」(同19.8%)であり、増加率が高い順では、①技能実習(前年同期比24.5%増)、②専門的・技術的分野の在留資格(同18.9%)、「特定活動」(15.3%)となった。平成31年4月に創設された「特定技能」の労働者数は、520人となっている。
 国籍別では中国が最も多く418,327人(外国人労働者数全体の25.2%)、次いでベトナム401,326人(同24.2%)、フィリピン179,685人(同10.8%)の順。対前年伸び率は、高い順でベトナム26.7%、インドネシア23.4%、ネパール12.5%。
 また、外国人労働者数が多い都府県の上位は東京、愛知、大阪となっている。
 なお、届け出の対象は、事業主に雇用される外国人労働者(特別永住者、在留資格「外交」「公用」を除く)で、数値は令和元年10月末時点で事業主から提出された届け出件数を集計したもの。