株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

HOME»  業界NEWS 2020»  業界NEWS 2017»  「加工指示書」の考察

「加工指示書」の考察 

  カーテン研究会 5月度勉強会
  東京室内装飾事業協同組合のカーテン研究会5月勉強会は、5月9日午後、組合会議室で開催された。
  冒頭、羽生博明会長は、現在休止状態となっているカーテンの技能検定について、「カ-テンに携わる立場は様々あるが『検定』は技術者に限られている。受検資格の幅を広げようとすると『検定』としてまとめ難い」と受検者不在の技能検定の問題点を指摘した。
  「カーテン施工に関しての研究その3」として行われた勉強会では、「加工指示書」「縫製指示書」について考察。
加工指示書は各社で様々、インテリアコーディネーターのオリジナリティーの表現手段、指示書には絵を描いて説明すると分かり易い、指示書を見て工場が対応できるかどうかが大切、などの意見が交換された。
  施工についての考察は今回が最後となり、次回以降の内容については、会員の要望等を聞き今後検討していくこととした。