株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

壁紙紀行 ハイムテキスタイルレポート 前篇

  ハイムテキスタイル(以下ハイムと略)ハイム会場は信じられないぐらいに広い。すべての商材を取り上げたらきりがないので、壁紙ホールの3号館に絞ってリポートしたい。注目のブースを紹介しよう。
  最初はドイツ企業のテクノセルである。現在、もっとも注目されているフリースメーカーで、日本人スタッフの横須賀さんが応対していた関係で日本からのビジターが千客万来であった。
  次にベルギーのアルテはテクスチャーが摩詞不思議な壁装材をブース壁面に張って注目を浴びた。今回はエコロジーを意識した商品やデザインがやたら目についた。
  同様にデジプリ壁紙のデザインも自然素材調のものが多かった。このジャンルのカラーはグリーン。それと特筆すべきは利益の出ない低価格品から脱却して高級品へ向かおうという動きである。その代表がマルブルグ社のメタリック調壁紙で、ベースに金箔や銀泊を使い、さらに豪華さを演出するためパールやガラスビーズを使った商材も目についた。
  今回もドイツ壁紙協会プラント会長と意見交換したが、「ハイブリッドの時代」を強調していた。ハイブリッドを分解すると頭文字が「C」の3熟語で、コンプレックス・テクノロジー(複合技術)、コンボサイト・マテリアル(複合素材)、コンビネーション・デザイン(複合デザイン)である。この3つのキーワードを理解することでトレンドを読み解くことができるのではないだろうか。

業界NEWS