株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

壁装研究会 講演会「建設産業における担い手の確保・育成について」

講師・労働資材対策室の長福室長 3月18日15時東大本郷キャンパスで開催、会員外の参加も大歓迎と呼び掛け

   壁装研究会が定期総会後に行う講演会が、講師の意向によりテーマが「建設産業における担い手の確保・育成について」と変更、又、講演開始時間も15時に変更された。同会が先に依頼に伺い・打合せした段階では「オリンピック後の建設業界」と、大枠を示すものにとどまっていたが、国土交通省内で、講演担当者を絞り込んだ結果、講師は建設市場整備課労働資材対策室長・長福知宏氏のご担当と決められた。国交省が最も力を入れて取組んでいる問題を、その担当室長から聞ける絶好の機会が得られた。前回の案内と同じく、希望者は参加申込みをされたい。
  建設産業は技能者不足が深刻、産業の価格競争激化の負の現象として、そこで働く人の賃金も極端に安くなり、これでは、この業に就労しようと思う若い人はいない。いわゆるブローカーが介在し、安値で受注しては、更に、下請に出して市場を悪化させるなどの現象もある。
  国土交通省は、このような状態を危惧し、産業の健全化を図るべく、様々な施策や、建設産業に対する指導を行っている。
  社会福祉費用を積算・見積りに加えなければならないという指導も、その一環といえる。
  今回テーマとされた、「建設産業における担い手の確保・育成について」も、その産業政策の大事な柱、建設産業に係る全ての人に聞いてもらいたいテーマである。
  壁装研究会は、大勢収容できる会場を用意したので、進んでご参加頂きたいと言っている。

 

壁装研究会講演会・案内
業界NEWS