株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

HOME»  業界NEWS 2020»  業界NEWS 2015»  中期経営計画「VALUE UP 2018」策定

中期経営計画「VALUE UP 2018」策定 単品販売から空間提案強化へ転換 リリカラ

 

  リリカラ㈱は、このほど2016年度スタートの3カ年の中期経営計画「VALUE UP 2018」を策定した。
  2016年から2018年にかけての日本経済は、オリンピック開催に向けた準備やインバウンド需要が牽引する形で建設投資の活性化が見込まれる一方、2017年4月の消費税再増税によって新築需要の低迷と消費低迷が見込まれる。
  そうした経営環境下にあって、まず同社では新築需要依存度を下げ、非住宅分野やリフォーム分野の強化を図るべく、さらにインテリア事業とスペースソリューション事業のシナジーを創出するために目指す企業イメージとして「顧客の付加価値を実現するためにインテリア領域でソリューション提案を行う企業」という理念を掲げた。
  その理念の下に策定された中期経営計画「VALUE UP 2018」の基本方針は、個別商品の単品販売から空間提案の強化を図るというもの。事業別には、インテリア事業においては、空間をパッケージ化してトータル提案することにより、オリジナル性の高い商品群の開発に取り組む、またスペースソリューション事業では営業並びに工事体制の革新を図り、より専門性の高いサービス提供に努めるとともに、ホテルや医療施設を中心とした施設のリノベーションを行う事業を「リノベーション事業」として開始する。
  これら取り組みにより、2018年12月期に売上高418億円、営業利益12億円、経常利益11億円、当期純利益6億円を目指す。

業界NEWS