株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

HOME»  業界NEWS 2020»  業界NEWS 2015»  壁装の技能教育アンケート結果

壁装の技能教育アンケート結果 製造業・販売業・施工業 3業態の回答

製造業者は全業者が意匠性壁紙の施工教育希望、施工業者は織物施工を重要視

 

  壁装施工の技能教育に関するアンケートは、「技能教育振興の必要性」と「その技能教育の内容はどんな教科が必要と思われるか」の2つにつき、壁装製造業者、壁装問屋・卸売り店、壁装施工店の3業態に質問した。
  その詳細のグラフを掲載し、業界が「教育」を実施、または、事業化する場合の参考に供することとした。まず、技能振興の要否では、別掲グラフの通り、製造と施工が「大変必要」とする声が高い。
  必要な教科については「壁紙全般の施工」と「下地調整」の必要度だけは、概ね3業態ともほぼ似通って高い。しかし、「下張り」や「タック式」は施工だけが高く他はそれ程でもない。
  「色・柄」では、製造が100%と飛びぬけて高い、商品開発で常に頭を痛めている様子が伺える。  「和紙」「金銀箔」「織物」を見ると、施工がいずれも高く、織物では100%を示している。この施工技術の継承で各社とも危機感をもっていることが伺える。
  各業態の回答を吟味すると切実な業界問題が浮かびあがってくる。

業界NEWS

 

 

技能教育振興の要否

壁紙の技能教育で必要と思われる教育内容