株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

HOME»  業界NEWS 2020»  業界NEWS 2014»  2014年住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査

2014年住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査 第1四半期前年同期比40.7%増

  矢野経済研究所は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。調査期間は、2014年1月~3月(2014年第1四半期)調査方法は、同社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査。この調査でいう、住宅リフォーム市場とは、「10㎡超の増改築工事」・「10㎡以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。

 

調査結果サマリー

2014年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は1兆7,724億円(速報値)、前年同期比で40.7%増と推計する
  2014年4月の消費増税に伴い、設備交換を中心としたリフォームの駆け込み需要が発生したものと考える。
  2013年は、いずれの四半期も過去5年間のなかで最も高い市場規模で推移し、過去5年の四半期ベースの平均値から10~20%増で推移していたが、2014年第1四半期は過去5年の平均値の57%増と、記録的な伸長ぶりであった。
  背景には2013年冬の賞与が好調であり、また2014年春以降、企業における賃上げの動きが拡がるなど、最終生活者が景気回復の恩恵を受けた結果、リフォーム消費に繋がったものと考える。

2013年度の住宅リフォーム市場規模は7兆円超の大台へ
  住宅リフォーム市場規模を年度ベースで算出すると、2013年度(2013年4月~2014年3月)は、7兆4,650億円、前年同期比で16.9%増と推計する。年度ベースにすると、2013年度は同年度末(2014年1~3月期)の駆け込み需要が好影響し、2000年度以降、久しぶりに7兆円の大台を超えた結果となる。

消費増税以降の反動減は予想より落ち着いた出足
  2014年について年間(1~12月)でみると、第1四半期は好調ではあるが、消費増税の影響が最終的にどの程度現れるかについては、非常に予測が難しい。その1つの要因が、2015年10月に実施が予定されている再増税である。4月単月は前年同月比で17.4%増と増税があったものの、好調さを維持している結果であった。その一方で分野別にみてみると、設備修繕・維持関連は、前月比で1.5%減と小幅な縮小であったが、家具、インテリア等は61.7%減と増税による駆け込み需要の反動減の影響を大きく受けている。

業界NEWS