株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

内装材景況天気図 全国主要内装材販売店に聞く 26年度は「横ばい・減少」が大勢

壁紙1000クラス、機能性、タイルカーペットに期待

  景況天気図の平成25年度の実績は、「好況・やや良い」が50%を超えている商品種が7個。30%を越えているものを加えると10個となり明るさを取り戻していたことが分かった。昨年寄せられた予測では「好況・やや良い」が5個であり、予測を上回った。26年度の予測は、駆け込み需要の反動と増税を見込んでか、「横ばい・減少」が50%を超えているもの26個、「好況・やや良い」が30%を超えているもの9個、うち、50%を超えているものはわずか1個に過ぎない。  このアンケート調査は毎年行なっており、今年も全国主要内装材販売店39社にアンケートした、うち、都内の数社には面接形式で回答を得ている。回答は19社から得て、有効回答率は49%。
  回答のまとめは下記の「品種別景況天気図」で見る通りである。なお、昨年までは、回答を集約・単純化して「やや良い」「横ばい」など一つの図柄にして掲載していたが、実際は、今回表にしたように中身は単一ではない。「横ばい・減少」が70%近い品種でも、「好況・やや良い」が31%もある品種もある。このような状況を知って頂くのには、見た目は複雑になるが、それぞれの品種の景況度を百分率の数値で表すのが素直かと考え、そのような表現とした。

 

品種別概要

襖紙
実績・予測とも高級品、中級品は減少、普及品は「好況・やや良い」が実績31%、予測23%で、やや期待がもてる領域。

壁紙
実轡予測とも、紙、織物は減少。機能性、1000クラス、量産品は「好況・やや良い」と勢いがあり、タック式も期待がもてる。

窓装飾
スクリーン、ブラインドは「やや良い」があったが、予測は横ばい傾向。

カーペット
高級、中級は横ばい傾向、普及品は若干期待、タイルカーペットは実績・予測とも好調と言える。

床材
シート、タイルとも実績は良く、予測もやや好調が期待されている

販売店では、襖、壁紙ともリフォーム需要の開発次第では量はもとより、高価格品の需要拡大の余地が高いと言い、安全・安心・省エネなど、消費者意識の変化が生じている中で、内装仕上げも新しい需要の時代に入っている。業界も、真剣にこの需要顕在化に努力すべきと語っっていた。

 

内装材景況天気図 (回答の数字は%)

内装材景況天気図 (回答の数字は%)

※機能性壁紙1は、汚れ防止、表面強化、防カビ、抗菌
※機能性壁紙2は、消臭、吸放出、通気性、耐水性、吸音性、光触媒等

業界NEWS