株式会社 サタケ

 

株式会社サタケは壁紙、床材、カーテン、建具、水廻り等のインテリア内装建材卸の総合商社です

STYLE+(スタイルモア)は、カーテン・クッション・照明・床材・家具等のインテリアを紹介しています。

サタケ定休日

 

対応地域

8つの拠点で、地域密着。
関東一円をカバー。

 

メールマガジン

saSATAKEメールマガジン「会員登録」

 

SATAKEメールマガジン「メールアドレス変更の手順」

 

SATAKEメールマガジン「配信停止の手順」

 

サタケの取り組み

Fun to Share

Fun to Share を応援します

 

新価値創造NAVI

 

イプロス

 

 マイナビ2020

マイナビQRコード

 

関連サイト

日本壁装協会

 

壁紙品質情報検索システム

 

壁紙はりかえませんか?

 

HOME»  業界NEWS 2020»  業界NEWS 2014»  標準積算・社会保険加入促進講習会

標準積算・社会保険加入促進講習会

全国展開の皮切り東京で積算・見積業界標準を説明
法定福利費の計算方法も解説

 

  壁装施工団体協議会は、2月7日午後1時より、東京足立区の足立区勤労福祉会館で「業界統一の標準積算・見積りの普及と社会保険加入促進の講習会」を開催した。これは同会が作成した積算・見積標準書式、社会保険料見積りの計算方法の2出版物につき、全業界への普及を図るため、全国展開される講習会の皮切りとなるもの。当日は同会の安田専務理事が開会宣した後、同会の高原理事が司会・進行役を務めて行われていた。

 

千載一遇の好機

  本講習会は今後全国の国土交通省の地方整備局がある地域で実施する計画である。
  初めに東京で実施したが、東京の積算・見積りが全国に波及するので極めて重視している。
  内装仕上げ業界は大変苦しい環境に置かれており、施工費は安く、工期は厳しく、この状態では若い人が入ってくる気にならない。国土交通省は社会保険の未加入の解消、適正な労賃の支払等を呼びかけ指導しているが、これは、健全でやり甲斐ある業界建設には極めて大切な問題である。
  内装仕上げの職種は幅広く、また、企業的には家業形態の方も多い。いろいろ難しい面もあるが、積算・見積りを確りと行って、適正な価格で受注するよう、従来の仕方から抜け出して行かなければならない。自らの努力で受注単価を上げ適正な価格で受注できる環境を整えたい。
  国土交通省が力を入れて、社会保険加入や受注単価の是正を指導しているこの機を逃しては、経営が成り立つ業界建設は難しくなる。千載一遇の好機を活かし、業界総力で価格の適正化を構築して参りたい。

 

積算標準研究の報告

  壁紙の施工性の研究を平成15年から17年にかけて実施した。その成果を「壁紙種類と施工性評価表」にまとめ、各壁紙の「評価記号」を付けた。この記号により施工貨の算出を行いやすくした。 次に、平成18から20年にかけて壁紙施工時間を測定し、壁張りの各作業時間の標準を明らかにして、工賃計算の基礎を作った。
  平成21年から平成24年にかけて「壁装施工の積算・見積業界標準」の研究を行った。
  壁装工事の精密積算は、壁装研究会が平成3年に書式案を作成していた。また、東京表具経師内装文化協会は、平成10年頃、「壁張り施工単価積算原案」を作成、会員に積算用紙を配布していた。
  その経験を生かして全業界に最適な書式を提供するため、同事業は壁装研究会と共同で研究、その成果を「壁装施工の穏算・見積りに関する研究報告書」として刊行した。また、この作業中に国土交通省の「社会保険料を積算・見積に記入すること」という指導が発表されたため、積算の管理費部門に、別枠で「社会保険料」欄を設け、更に、専門家に「社会保険料の算出方法」を説明した本の作成を依頼し、これを完成させた。

 

法定福利費の計算方法

  「元諦企業も納得!社会保険料(法定福利費)見積金額の計算方法」の講演で、題名どおりの本を資料に用いて、同書の著者社会保険労務士長芋瑞美氏が講演した。
  講演は、国土交通省が社会保険加入促進のために発表した「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」の要旨の説明から始まり、建設労働者の種類を解説、その中で、労働者か請負人かの判断基準等を解説した。また、社会保険の概要を社会保険一覧表で説明、医療制度、公的年金、労働保険につきそれぞれ分かり易い解説を行った。その後、注目のテーマ社会保険料(法定福利費)計算方法に移り、いくつかの計算事例(資料の本数ページに掲載)を挙げながら、分かり易い計算の方法・手順を記載したので、実務上もこの方式を用いて積算されたい。と説明した。

標準積算・社会保険加入促進講習会